【王道の短丈】アメリカ軍 実物 N-2B フライトジャケットを徹底解説! 見分け方 タグ 年代判別 合わせ方は? 着画あり【スタイリリック】

本ページはプロモーションが含まれています

トップス

はじめに

こんにちは、スタイリリックのうさまです。

本日は前回のアメリカ軍の60年代ヴィンテージのガスプロテクティブパンツに引き続き、アメリカ空軍から60年代ヴィンテージのN-2Bジャケットについて色々解説していこうと思います!

前回のガスプロテクティブパンツの解説はこちら

N-2Bジャケットについて

日本ではN-2B フライトジャケットと言われているこちらのジャケットの正式名称はJACKET, FLYING MAN’S HEAVY, ATTACHED HOOD N-2Bという名前のジャケットで日本語訳をしますと”空軍極寒地用フード付きN-2Bジャケット”といったところでしょうか。

N-2Bジャケットは60年代より、主にアメリカ軍で言われるHeavy Zoneという-10度から-30度の過酷な空の上にも耐えれるように開発されたジャケットです。

コックピットに座った際にも服がゴワゴワしないようにと短丈で作られていることが一番の特徴です。

よく同じ形の丈が長いN-3Bと比較をされますが、N-3Bはアメリカ空軍の作業員用の服であるのに対して今回解説するN-2Bは戦闘機を運転する運転手用のジャケットなのですね!

表面の素材はナイロンを採用しており、年代ごとにファーの部分の素材が異なることが知られています!

初期の方(70年代頃)のN-2Bファーはコヨーテファーと呼ばれており、コヨーテの毛皮が使われておりますが、後期(80年代頃)に連れてアクリルのファーへと移り変わっていったとされています。
現在では、その無骨なシルエットが古着ファンの心を突き刺し、さまざまなブランドがサンプリングを行っております。
一番手頃に買える実物のN-2Bジャケットの値段でさえ、30000円付近まで高騰しており早めに購入をしたい逸品です。

ディティール

次にこの最高にかっこいいジャケットのディティールについて見ていきましょう!

タグ(年代判別)

今回紹介するN-2Bは私が持っている82年製のAlpha社が米軍に卸したとされるN-2Bです。

タグにこういった名前のような文字が書いてあるとめちゃくちゃテンションが上がります。

どうして年代が分かったかと言いますと答えはタグにあり、年代判別は主にこのタグから行います。

年代判別の際にいちばん見てほしい場所は、上の名称から3番目のDL(S)A100-○○-C…と続くこちらの数字です。

この○○の数字の部分がモロにそのジャケットの作られた年代となります。

今回のタグでは少し見づらいのですが82と記入されていますので、こちらのN-2Bは82年に生産されたことがわかります!

その他にも60年代の青いN-2B、タグが横長のN-2B、そしてタグが黒と金のN-2Bがございますが、基本は変わりませんのでぜひチェックして下さい!

民生品とのタグの違い(Alpha社)

もう一個抑えてほしいポイントが実物と民生品のタグの違いです。
今回はAlpha社が米軍に卸した実物のN-2Bでありますが、このAlpha社が厄介でして一般市民のお洒落用に民生品という形でN-2Bを生産しています。
民生品のタグはとてもわかりやすく、タグの真ん中に3本の線がついていたり、”MADE IN USA”の表記がタグにされていたり、ジッパーがIDEAL社製のものだったりしますので、実物かと間違えてしまい購入してしまうと少し後悔してしまいます。
ご注意くださいね。(著作権の都合上アップすることが難しいですが。。。)
しかし、現代版にアレンジされたレプリカもめちゃくちゃかっこいいですよね!

メルカリなどにもたくさんのN-2Bの実物と民生品が転がっていますので試しにタグを見に行って確認してみてくださいね!

メルカリのN-2Bはこちら

ジッパー

まず正面のジッパーです。

ジッパーはアメリカのヴィンテージジップブランドであるscovill製です。

左腕にも小さなポケットがついており、しっかりscovill製です。
(右腕にはポケットはついていません。)

フードにも同様のジッパーが備わっていますね。

フード

先ほどにも触れましたが、続いてはフードのディティールを見ていきましょう。

N-2Bの一番かっこいいところかもしれませんね!

先ほどのフードは後ろに開くようになっています。

これは、コックピットに座る操縦員の方の背もたれがごわつかないようになっています。

軍モノらしいディティールでテンションが上がりますね!

また今回紹介するN-2Bは80年代製のものですので、人工的なアクリルのファーが使用されていますね。

フードの内側にはテカテカのポリエステル(?)で気持ちいい素材になっています。

またフードの両側にはドローコードがついていて絞ることができます。

日本ではあまり使用することがないかもしれませんが、あまりにも顔周りが寒い夜には使用するのかもしれませんね!

リブ

裾と腕元にリブがついています!

今回紹介するN-2Bは中古で購入し年代物ですので少しクタクタですが、デットストックものですと腕が通らないくらいリブがギュインギュインなこともあるそうですよ!

ポケット

ポケットは両端にボタン付きのポケットがついております。

ポケットはインナーに直接接触できる貫通ポケットと、物などを入れる裏起毛っぽいポケットが備わっています!

細かな気遣いがこちらでも感じることができますね!

ボタン

最後にジャケットを止めるボタンの説明です。

前を絞る大きな丸いボタンと裾を止めるボタンもついています。

ジッパーが壊れてもボタンで止めることができる軍モノらしいディティールですね。

着画

今回はN-2B フライトジャケット(サイズ表記:Large)を使ったスタイリングを3つ程考えてみました。

投稿主は162cm、普通体型です。

N-2Bはかなり存在感が強く、他のアイテムを置きに行ってもしょうがないので原色と合わせてゴリゴリのスタイリングを組んでみるのはいかがでしょうか?

その1

はじめのスタイリングは服好きならおそらく一本は持っているであろうNeedlesのトラックパンツとの合わせです。

ジャケットが短丈ですので、スラッと落ちてくれるNeedlesのトラックパンツ(ストレート)との相性はかなりいいのではないでしょうか?

その2

続いてのスタイリングはChampionのスウェットパンツとの合わせです。

ゴリゴリのファッションアイテムのN-2Bを着ながらもスウェットパンツでおしゃれなんて興味ないよ~感(赤だとあんまり出てないね–;)を演出してあげるのはいかがでしょうか。

その3

続いては外しを効かせまくったこちらのコーデ、HEALTHのカーゴパンツと合わせてみました。

やはり軍モノのN-2Bはカーゴパンツとの相性抜群です。

今記事を書きながらなぜ腰でパンツを履いてしまったのかと後悔をしていますが、逆にコンビニに行ってくるね~みたいなスタイリングがしっくりきています。

サイズ感

今回はLサイズを着用しましたが、当方162cmしかありませんので、XS,やSのサイズの方がしっくりきそうですね。

しかし、短丈のジャケットということもあり、ぶっちゃけ身長の低い方が大きいサイズを着ようがあまり関係がない気がしますね^^

ですので160cm~165cm(XS,S,M,L,)

165~170cm(S,M,L,XL)

170cm~175cm(M,L,XL)

175~180cm(L,XL)といった感じで着用できるサイズの幅が展開されているように感じます。

ただし年代物、特にミリタリー服はサイズの個体差が激しいため、着丈と肩幅を今持っているジャケットと合わせて購入することをお勧めします!

終わりに(購入方法)

最後までご覧いただきありがとうございました。

N-2Bは来ているだけでこいつ絶対服好きやん~となるほどデザインとシルエットがわかりやすいジャケットですので持っていない方はぜひ購入に踏み切り周りとの差別化を図ってしまいましょうね!

N-2Bフライトジャケットはこちらのリンクから購入が可能です!

夏のため相場よりかなりお安く購入できますね!

羨ましい(T T)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました